スレンダー痴女に襲われる2

さて、黒スーツのエロ痴女、J嬢とのプレイの続き。

なんと一人でシャワーを浴びさせられる羽目になったボクちん。

お風呂のドアをあけて、戸に片手をつきながらショムニポーズでJちゃんが指示。

「泡をしっかり立てなさい。

まずは汚い股間からでしょ?」と言われ

「ハイ」と返事をしてしまうボクちん。

Mの快感が走ります。

「きちんと洗うの、亀○の裏もよく見せて」

って言われて思わず勃○しちゃうボク。

ああああ、Mっていいもん。

「ダメじゃない。

もうこんなにして」

とつかつかお風呂に侵入、いきなりつかまれてゴシゴシと・・・

それだけで不覚にも声を出してしまったボクちん。

しっかり洗ってもらって、ベッドへ。

目隠しをされ、手錠もかけられた状態で、乳首からしっかり責められます。

なかなかち○こを触ってくれないと思いきや、いきなり暖かく包まれ生フェラ。

それもねちねちと言葉でいじめられながらで・・・あっさり昇天しちゃいました。

そのあとは攻守ところを変え、攻めさせてもらうも・・・・69状態からはまたも彼女が主導権。

さんざん寸止めされた挙句の2回目でも大量放出。

「すっごいいっぱいでたねぇ、2回目なのに」と感心してもらいました。

いや、痴女プレイ、すごいっす。