ピンクコンパニオンと貸切にできる露天風呂って当たり前?

ピンクコンパニオンと貸切にできる露天風呂って当たり前?

ホントに知ってる?ピンクコンパニオンとのアノこと!メイン

露天風呂の貸切は、ピンクコンパニオンやグループ客にでもほぼ解禁となった。しかし、度が過ぎた騒ぎを起こせば、出禁もあり得る。

ピンクコンパニオンと貸切にできる露天風呂って当たり前?

露天風呂の貸切は、ピンクコンパニオンやグループ客にでも解禁されるようになりました。

ただし度が過ぎた騒ぎを起こせば、地域全体の宿泊施設に影響を及ぼします。

■離れのある露天風呂で貸切を楽しめる。

ピンクコンパニオンやシースルーコンパニオンなど呼び方はいろいろあるけれど、風俗の女性を呼んで楽しむときの定番は露天風呂での混浴。

過去のトラブルから、いまでも貸切を解禁している旅館は半分くらいの確率ですが、昔にくらべると多くなりました。

理由は離れの露天風呂が増えたこと。

貸切といっても家族風呂のような感じですが、そのほうが楽しめます。

ピンクコンパニオンをオーダーするときは、サイトなどで事前確認してください。

■一目瞭然でわかる露天風呂貸切のチェック。

閑散期など季節限定で露天風呂の貸切を行なっている旅館やホテルもあります。

とくに地域による格差はないのでその点では安心できます。

ピンクコンパニオンのサイトには、貸切可能かどうかをピクトグラムで表示しているページがあります。

ランキングやエリア別でクリックしながら選んでいきます。

コンパニオンの価格や宿泊代金は地域によって異なります。

同じ露天風呂貸切でも、パック料金の総額でみると、東北系が安め、関東・近畿圏は高めです。

■露天風呂の貸切は常識になりましたが、グループ客のお行儀が度を超していたら、再び停止になることも。

旅館やホテルはピンクコンパニオンの派遣会社と提携していて、客の素行が悪ければ出入禁止になることを前提としています。

その派遣会社との取引が停止になり、旅館組合にお触れが回る仕組みです。

その点を踏まえつつ、ドンチャン騒ぎにも一定の歯止めをかけるようにしましょう。

PickUp Entry